文字サイズ

実績一覧performance

中小企業の破産、タイミングが重要

  • 破産申立

相談前

当社は、負債が約1億円あり、買掛金の支払いや借入金の返済で利益がほとんど出ず、公租公課も滞納し始めるようになり、貸借対照表上も債務超過状態にありました。
しかし、従業員もいたため、何とかしなければという気持ちがあり、現実に向き合うことができていませんでした。


相談後

弁護士の先生のおかげで、これまでの事業の経過や決算書類の内容をお話し、当社と代表者である私個人を同時に破産申立することができ、新しい一歩を踏み出すことができました。当社には従業員が10名程度おり、また売却できる資産があったことから、弁護士の先生に、債権者や取引先等に情報漏えいをしないようにしつつ、破産のタイミングを見計らってもらい、最後は問題なく、破産手続を終えることができました。

弁護士からのコメント

経営者の方によっては、従業員・債権者・その他関係者に対する迷惑をかけたくないとの思いから、破産手続を行うことを先延ばしすることも多いように思われます。
しかし、客観的には破産するべき状態であるのに、破産しない場合にはかえって、従業員・債権者・その他関係者にご迷惑をかけることにもなりかねません。

破産をして早期に再出発ができる場合がありますので、お一人で悩まずに、まずはご相談いただければと思います。

実績一覧

事務所概要

名称 オリエンタル法律事務所
連絡先
TEL: 03-6450-4832
FAX: 03-6450-4833
所在地 〒106-0032
東京都港区六本木4-10-7
エルビル5階

Googlemap
アクセス 六本木駅
6番出口徒歩1分