文字サイズ

業務分野practices

金融法務

当事務所は、金融機関等の法律顧問として、金融法務の最前線でのリーガル・サービスを提供し続けており、これは当事務所の特色の一つとなっています。

金融機関等の業務について適切なリーガルサービスを提供するためには、金融規制法(金融商品取引法、銀行法、保険業法、信託業法等)を含む各種法令及び金融庁その他の行政庁の策定する監督指針、ガイドライン等に関する知識はもちろん、金融機関等の実務に関する経験・理解が不可欠となります。

当法律事務所は、金融機関等への出向経験者が在籍し、銀行・金融商品取引業者・保険会社等をはじめとする金融機関等に対して積極的にリーガルサービスを提供しています。

また、訴訟手続及び各種倒産手続その他の紛争案件についても、金融機関を代理して多数の案件処理を行ってきており、これらの経験を踏まえ、各種金融取引の全般に精通した見地から、高度のアドバイスと実践的なドキュメンテーション業務を提供しています。

金融取引のグローバル化、金融商品及び販売チャネルの複雑化、金融機関の経営形態の多様化が進む近年においても、当事務所は、蓄積されたノウハウ、専門性や法的考察力を活かし、クライアントのニーズに即した一層の法的支援業務を行っています。

また、金融機関のみならず、一般の事業会社にとっても、M&A、インサイダー取引防止、内部統制等において、金融商品取引法に関する理解は不可欠であり、当法律事務所では、これら金融商品取引法対応のリーガルサービスも提供しています。

金融機関のコンプライアンス体制構築支援等

当法律事務所では、各種業法・金融行政に精通した弁護士が、顧問弁護士や社外役員等の立場で、金融機関のコンプライアンス体制の構築支援を行っています。

また、金融機関において不祥事件が発生した場合の対応や、金融当局による種々の検査・監督対応の支援も行っています。

取扱案件の一例

  • 銀行の社内規程・マニュアルの策定支援
  • 銀行の役員、営業責任者等向けの社内研修の講師
  • 保険代理店の内部監査の支援
  • 銀行・金融商品取引業者・保険代理店のコンプライアンス委員会への参加
  • 金融商品取引業者・保険事業者の社外役員の就任
  • 銀行で発生した不祥事件に関する社内調査や当該案件の対外的公表等の検討・対応、金融庁・財務局への行政対応、再発防止策の策定の支援
  • 銀行・金融商品取引業者・保険代理店の内部通報窓口としての各種調査対応

各種法律意見書の作成助言

金融機関等には各種業法・金融当局の監督指針、ガイドライン等の規制が及んでいるところ、金融機関等が事業・業務を進める上では、これらに抵触しないように、適切にリーガルチェックを行う必要があります。

オリエンタル法律事務所では、各種業法・金融当局のガイドライン等に精通した弁護士が、当該事業・業務に法的問題がないか、また、法的問題を生じないようにするにはどのようなスキームにすべきか、業務プロセス上どういった点に留意しなければならないのかといった観点も含め、助言を行っています。

取扱案件の一例

  • 銀行の新規事業・業務の立ち上げにあたっての法律意見書の作成
  • 業務提携契約書など各種契約書のリーガルチェック
  • 保険会社における定例法律相談の担当

内部統制に関する助言

事業会社において、金融商品取引法に基づく内部統制は、経営上の重要課題の一つといえますが、オリエンタル法律事務所では、内部統制の構築支援の業務も行っています。

インサイダー取引規制に関する助言

近年、インサイダー取引に関する取り締まりは厳格化の傾向にあります。

インサイダー取引の未然防止のためには、インサイダー情報の管理等を適切に行うための社内規程、同情報の管理体制、またそれらのチェック体制等の整備が不可欠です。オリエンタル法律事務所では、こうした体制構築の支援を行っています。

また、インサイダー取引等で摘発を受けた際の、金融当局対応、刑事対応等も行っています。

取扱案件の一例

  • インサイダー情報管理規程の策定支援
  • インサイダー取引防止に係る研修講師
  • 上場企業の株式取引に係るインサイダー取引防止のための助言
  • 内部者取引に係る金融商品取引法違反審判事件における代理人対応

事務所概要

名称 オリエンタル法律事務所
連絡先
TEL: 03-6450-4832
FAX: 03-6450-4833
所在地 〒106-0032
東京都港区六本木4-10-7
エルビル5階

Googlemap
アクセス 六本木駅
6番出口徒歩1分